両親の住む沖縄の返礼品の「ぬちまーす」がダントツに美味しい!

 

さとふる,返礼品,ふるさと納税,お礼品

 

私は千葉県に住む30代の女性です。
現在は専業主婦をしていますが、近いうちに働きに出ようと思っています。

 

結婚はしていますが、子供はまだいませんので、夫と2人で暮らしています。

 

実家は沖縄ですが、高校を卒業してすぐ県外に出ました。
両親や親戚は沖縄で暮らしており、兄弟は埼玉で暮らしています。

 

 

「さとふる」でふるさと納税をしたきっかけは…。

 

「ふるさと納税」を行おうと思ったのは、一時期TV番組の特集でふるさと納税のことをよくやっていて、実質2,000円でいろんな地域の名産品がもらえるならやったほうがお得だと感じたからでした。

 

また、人口が多い都市部に税金が多く入っており、地方自治体の税収が減っているというのも1つの理由です。

 

そんな中で、「さとふる」を選んだのは、TVCMや雑誌の紹介記事でよく目にするようになったのがきっかけです。

 

実際、ふるさと納税をしようと思ったときに、どういう風にやるのかわからなかったことも多かったので、ふるさと納税のやりかたなどの説明がしっかりと書かれていて、納税する地域もたくさん掲載されているのに、選びやすかったので「さとふる」を選びました。

 

 

今回選んだ返礼品はこれ!

 

「さとふる」を検索していて、どうせなら地元の沖縄の市町村に納税しようと決めて調べてみると、私の生まれ育った「うるま市」にふるさと納税をすることにしました。

 

うるま市にもいろんな名産品があって迷ったのですが、普通の塩より値段が高くて、これまで買ったことがなかった、カラダが海になる塩「ぬちまーす」を選ぶことにしました。

 

 

 

 

寄付をしてから自宅に届いたのは約2週間後くらいだったと思います。

 

きちんと箱の中で崩れないようにはなっていましたが、梱包は至って普通だったので、贈答品としては親しい関係でのものに留めておいた方が良いかもしれません。

 

 

「ぬちまーす」は海水から作ったミネラルたっぷりの塩です。我が家では荒塩と併用して使っています。

 

料理に使いやすいボトルに入っているので、料理をする際に直接鍋に振り掛けるという使い方をメインでやっています。

 

荒塩も併用しているのは、さすがに「ぬちまーす」は高価な塩なので、一度に大量に塩を使うとき(パスタをゆでる時や塩ずりするときなど)は荒塩を使っているためです。

 

「ぬちまーす」は、味自体はまろやかですが、しっかり塩みも感じられて、一口舐めた感じは、通常の塩と特に変わらないかなーという感想ですが、使用感は今までの塩の中でダントツトップです。

 

さらさらとした細かい粉状になっていて、そのままなめても舌触りがいいですし、料理に使っても溶けるのが早いです。

 

 

 

 

もちろん火を使わないドレッシングなどを作るときにもさっととけます。

 

ただ、使っていてひとつだけ気になるのは、火を使っている鍋の上でボトルから塩を直接入れると、湯気で塩の出口が若干湿ってしまうことです。

 

まぁこれは使い方の問題でしょうが、でも中身の塩はさらさらなのでたまに口を掃除しています。

 

 

 

次回選びたい返礼品はこれ!

 

次回も、ふるさと納税するのであれば地元うるま市に寄付をしたいと考えているので、うるま市の特産品から選ぶ予定ですが、現在、私が選びたいと考えているのは、もずくスープ (20個入り)です。

 

 

ふるさと納税,返礼品,さとふる

 

 

これを選んだのは、以前、実家に帰省したときに買って食べたもずくのスープが凄くおいしかったからです。

 

千葉で売っている「もずく」は細くて食べずらいところがあるのですが、うるま市はもずくの養殖を行っている生産地でもあるので、もずく自体が太く、とても食べ応えがあります。

 

実家では中々スープにして飲むチャンスが無かったので、手軽に食べられるもずくスープはすごく魅力的です。

 

「もずく」好きの人なら、うるま市のもずくは一度食べてみるとよいと思いますよ!

 

食べ応えが全然違いますから!!