「さとふる」で選んだカニの返礼品に大興奮!

 

さとふる,返礼品,ふるさと納税,お礼品

 

32歳になる北海道で暮らす専業主婦です。現在、主人と産まれて4ヶ月の娘と一緒に暮らしています。

 

 

「さとふる」でふるさと納税を始めたきっかけは…。

 

これまで友達がふるさと納税をしているのは知っていたのですが、ずっと手続きが面倒くさいと思い、敬遠していました。

 

ところが、ある日、旦那が会社員なら確定申告をしなくても書類の返信だけで実施できると聞いたので、チャレンジしてみようと思いました。

 

そこで、ふるさと納税をするあたって、色んな地域の返礼品を一気に見れるサイトなどがないかと思って検索したところ、1番見やすくて返礼品を簡単に調べられるサイトが「さとふる」だったので、「さとふる」で寄付をすることにしました。

 

「さとふる」は、返礼品の種類別にランキングが記載されていたり、クラウドファンティングやオススメの特集なども組まれていて、見ているだけでも面白いので活用しています。

 

 

今回選んだ編れ品はこれ!

 

今回、我が家で選んだ返礼品は前浜茹で毛がにです。

 

 

 

 

 

自宅には、寄付をしてから1ヶ月も経たないうちに届きました。

 

冷凍便で送られてきて、2匹カニが入っており、発泡スチロールに梱包されているので、贈り物として利用しても不備はないかと思います。

 

ただ、毛ガニとは言え丸々二匹入っているので冷凍庫のスペースに余裕がないと、保存に困ってしまうと思います。

 

もし、贈り物として選ぶなら、事前に連絡をしておく配慮があった方がよいかもしれません。

 

 

発泡スチロールの箱を開けるとビニールに包まれたカニが2匹入っており、少し簡素に感じるかもしれませんが大ぶりのカニが入っています。

 

箱を開けた瞬間のテンションが上がりようは今でも思い出せるほどです。(笑)

 

 

冷凍の状態から冷蔵庫で24時間以上解凍してから食べました。

 

すでに茹でてあるので、そのままカニの殻を剥いて、かに酢を作り、つけて食べました。

 

最初は、冷凍のカニなので中がスカスカではないか心配したのですが、中身がぎっしり詰まっており食べ応えがありました。

 

また、見だけではなく、甲羅を外してみるとカニ味噌もぎっしりと詰まっていたので、身からカニみそまで存分にカニを楽しむことができます。

 

 

 

 

カニの足の付け根部分はうまく身が取れなかったので、味噌汁にし、カニの出汁を堪能しました。

 

主人はカニの甲羅に日本酒とかにみそをいれて飲んでいました。

 

 

美味しかったので、すぐに食べ切ってしまいましたが、味が濃厚なのでカニコロッケやかに雑炊などにしても美味しかったのではないかなと思いました。

 

家族と一緒に食べたのですが、2匹とも身も味噌もぎっしりだったので、とても美味しく、量も十分に満足できるものでした。

 

来年もカニを食べたいというリクエストがあったくらい満足度が高かったです。

 

 

次回はこれを選びたい。

 

現在、次の寄付の際に選びたいと考えているのは、北海道「食の極み」大満喫セットです。

 

 

これまではカニだけのものを選んできたのですが、カニがこれだけおいしいなら他のものも美味しいのではと思い頼んで見たいと思いました。

 

北海道に住んでいても、カニは中々食べることはないし、いくらも買うのにも結局高い金額になってしまうので気軽に食べれません。

 

そのような食材だからこそふるさと納税で頼んで見たいと思いました。

 

 

また、ふるさと納税することによって市は違っても同じ北海道を応援することにもできるので、気持ちの面でもこの返礼品がいいなと思いました。

 

美味しかったら他の方法で購入もして見たいとも思っているので、「お試し」をしてみるいい機会だと思いながら気になる返礼品を選んでいます♪